メニュー 閉じる

099-811-6394

受付時間9:30~18:00(月曜日~土曜日)

法人設立から許可申請までのサポート

新たに障害福祉サービス事業所として事業を始める際には、都道府県(市町村)より指定を受ける必要があります。

障害福祉サービス事業所としての指定を受けるには、法人格の取得、人員の確保、設備の整備が必要です。 

また、障害福祉サービス事業の業種によって設備基準や人員基準が異なり、 自治体によっても要件が異なっています。

行政書士事務所SOLは就労継続支援A型、放課後等デイサービス、共同生活援助を実際に運営しています。

そのノウハウを活かし、鹿児島で障害福祉サービス開設を検討している皆様のお役に立ちたいと考えています。

鹿児島市の行政書士事務所Solでは障害福祉サービス事業専門の行政書士が開設から運営までサポートします!

鹿児島を中心に日本全国対応しておりますので、障害福祉サービス事業の開設をお考えの方はお気軽にお問い合わせください!

法人設立

障害福祉事業を始めるためには、個人ではできません。
法人格を取得する必要があります。

物件要件

それぞれの障害福祉サービスによって適切なぶっけん物件・設備要件を満たさなければなりません。

人員確保

障害福祉事業を始めるには、適切な資格を所有した人員の確保が必要となります。

法人設立

障害福祉事業を始めるためには、個人ではできません。法人格を取得する必要があります。

物件要件

それぞれの障害福祉サービスによって適切な物件・設備要件を満たさなければなりません。

人員確保

障害福祉事業を始めるには、適切な資格を所有した人員の確保が必要となります。

居住に係る
サービス

日中の活動に係る
サービス

処遇改善加算手続きサポート

離職率の高い障害福祉・介護サービスなどに従事する従業員の定着を目的に、「処遇改善加算」という制度が設けられています。

この制度の目的は、加算分を障害福祉サービス事業職員の賃金改善を目的としていますので、処遇改善加算分は、すべてを従業者である障害福祉・介護サービス従業員の賃金改善に充てるよう定められており、賃金改善額が処遇改善加算総額の金額を上回る必要があります。
※賃金改善にともなう法定福利費の事業所負担分は、加算額から充てられます。

行政書士事務所SOLでは、3つのプランをご用意し、お客様の状況にあった処遇改善加算取得のサポートを行なっております。

処遇改善加算を取得するには

障害福祉サービス事業所を新規で立ち上げる場合、自治体の指定申請(事業所)と同時に「処遇改善加算」の届出書を提出すると良いでしょう。 すでに事業を行っており、年度の途中で「処遇改善加算」の届出になると届出月(月末締め切り)の翌々月からの算定になってしまいます。 同時に提出することで、指定日から「処遇改善加算」の算定をすることが可能です。

行政書士事務所SOLでは、障害福祉サービス事業専門の行政書士がお客様の状況にあった申請をご提案、サポートいたします

キャリアアップ

「キャリアパス要件」「職場環境等要件」とは?

「キャリアパス要件」とは、処遇改善加算の申請のために必要な要件で、3つのカテゴリーがあります。従来の処遇改善加算要件に、「経験や資格等に応じて昇給する仕組み」「一定の基準に基づき定期に昇給を判定する仕組み」が新たに加わり、職員やスタッフの評価基準を明確にすることで、キャリアアップに伴った賃金アップにつながります。

「職場環境等要件」とは、キャリアパス要件を職員やスタッフが正確に理解できるようにサポートや周知方法を明らかにする取り組みや、長期にわたって職に定着できるような職場環境を構築したか等、処遇改善加算の申請に必要な要件になっています。