メニュー 閉じる

ポイント1

書類作成の手間が省ける

提出書類の様式を見て単純にわかるものもありますが、何を記載すればよいか判らない書類が多く、「そもそもどこの役所へ行けばよいのか?」と、戸惑われることもあるでしょう。
公官庁への許認可の申請書類の作成に長けた、行政書士に依頼することで迅速かつ確実に許可を取る事ができます。

image4

ポイント2

役所への提出や折衝を任せられる

image5

行政書士は許認可書類の作成と、その提出の代理を行う事ができます。人によっては、役所まで行くのに半日がかりや一日がかりと言う場合や書類の修正があった場合、ご自身の手間を省くことが出来ます。
また、許認可の書類は難易度が高い物が多く、役所の窓口の方が親切丁寧に教えてくれるとは限りません。旧態依然の担当者もいるでしょう。
根拠法令に詳しい行政書士が折衝することで、手続き自体がスムーズに進みます。

ポイント3

法的知識が豊富

許認可などは法令や条例の根拠によって定められており、提出書類の項目を埋めたとしても、その法的根拠が解っていなければ、理解に困ってしまう場面があるでしょう。 書類作成の際、項目に沿って内容を埋めることは難しい事では無いかもしれませんが、法的な知識や書類作成の経験が豊富な行政書士に一任していただくことで、後々のトラブルを事前に回避することができます。
image3
to-top